今週の流れと終値

2009年6月13日 (土)

来週に備えて今週を振り返る

今日は、これから横田基地に住む友人の愛娘のバースデーパーティーに出かけるので、あまり時間がありません

簡単バージョンです

 

昨日の流れ

東京時間は方向感ない展開

日経平均が10000円台に乗せて引けた

ユーロ圏鉱工業生産の弱い結果にユーロは軟調に推移

ミシガン大学消費者信頼感指数は69.0(69.5)と弱い結果だったが、ドルは上昇し全面高

与謝野財務相の「米国債に対する信頼は揺らいでいない」発言もドル買いを後押しした

 

今週の終値
今週 先週 前週比
ドル円 98.41 98.64 -0.23
ユーロドル 1.4012 1.397 0.0042
ユーロ円 137.85 137.8 0.05
ポンドドル 1.6444 1.5976 0.0468
ポンド円 161.78 157.6 4.18
オージードル 0.8128 0.793 0.0198
オージー円 79.97 78.23 1.74
ニュージードル 0.6428 0.6261 0.0167
ニュージー円 63.24 61.76 1.48
ドルスイス 1.0794 1.0861 -0.0067
スイス円 91.12 90.81 0.31
ドルカナダ 1.1181 1.1191 -0.001
カナダ円 87.99 88.13 -0.14
NYダウ 8799.26 8763.13 36.13
ナスダック 1858.8 1849.42 9.38
日経225 10135.82 9768.01 367.81
940.7 962.6 -21.9
原油 72.04 68.44 3.6

 

原油が上昇しましたので資源国通貨が強く

ポンド、豪ドル、NZドルは上昇しました

週末はFXから離れ、ゆっくり休みましょう

 

忙しいとは思いますが→人気ブログランキングへ

ぽちっとお願いします→にほんブログ村 為替ブログへ

          

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

来週に備える!!今週の流れを整理

風邪が悪化し、今朝は辛くて寝てましたので、こんな時間になってしまいました

鼻が詰まり、頭がボーとして思考能力ゼロ状態です

1日(月)

独、ユーロ圏PMI製造業の好結果でユーロは上昇した

GMの破綻が決定し、悪材料が減った事や、ISM製造業景況指数の好結果で株価は大幅に上昇

リスク回避志向の後退からドル、円は全面安、債券価格が軟調で長期金利が上昇

ドル円は上昇

ドル円 96.61
ユーロドル   1.4157    
ユーロ円 136.79
NYダウ 8721.44

2日(火)

RBAは政策金利を3%に据え置く事を決定。声明で「低インフレを背景に、必要であれば緩和の余地がある」と緩和の可能性を示唆した

新興国首脳会談において、「超国家的準備通貨のアイディアについて議論する可能性」との報道で、ドルの基軸通貨としての地位低下が意識され売られた

米中古住宅販売保留は大幅に予想を上回り、住宅市場の底打ち期待から、リスク選好度が高まりドル円、クロス円が上昇

米経済指標が好結果だったが、ドルは全面的に売られた

長期金利が下がり、ドル円は下落した

ドル円 95.7
ユーロドル   1.4312    
ユーロ円 136.96
NYダウ 8740.87

3日(水)

豪GDPの予想外の好結果に豪ドルは上昇した。ラッド首相は「再度マイナス成長にならないとは保証できない」「高い失業率に直面するだろう」発言や、原油価格が下落した事が重石になった

ユーロ圏-1Q改定値が、速報値から下方修正された事や、ノボトニー・オーストリア中銀総裁は09年ユーロ圏のGDPは大幅なマイナス、10年はゼロ付近とネガティブな発言

インド・韓国・日本金融当局者の「主要準備通貨としての米ドルに代わる通貨はない」発言もあり、ユーロドルは1.43台から1.41台まで下落

ADP全国雇用者数、ISM非製造業景況指数の悪い結果に反応なし

株価下落→リスク回避→ドル買い、円買い

バーナンキFRB議長の「基軸通貨としてのドルの地位が失われるリスクは無い」発言もドル買い安心感につながった

本日ECB、BOE、BOC政策金利、明日の米雇用統計を控え大きめの調整の動きになった

ドル円 95.94
ユーロドル   1.4159    
ユーロ円 135.84
NYダウ 8675.28

4日(木)

格付け機関フィッチが「英国、米国はAAA格付けを維持すると信頼」とした事でドル円、クロス円が上昇

英国、ユーロ圏、カナダとも政策金利を据え置いた

ブラウン英首相辞任の噂でポンドが売られた(後に英政府が否定)

カナダドルは原油価格の上昇もあり買われました

ドル円 96.64
ユーロドル   1.418    
ユーロ円 137.04
NYダウ 8750.24

5日(金)

ドル円、クロス円が堅調にスタート

韓国の新聞が「韓国中銀は米国債への投資割合を引き下げない方針」と報じた事が後押しになった

英国の政治不安によりポンドは全面的にに軟調

米失業率は9.4%(9.2%)、非農業部門雇用者数-34.5万人(-52万人)

この結果に景気底打ち期待からリスク選好度が高まりドル円、クロス円が上昇

米長期金利が上昇した事でドル買い

アルムニア欧州委員が「負の波及を回避するために、ラトビアの状況を監視」コメントで東欧リスクがあらためて意識され、ユーロは下落(3日にラトビア政府が実施した5000億ラッツ”約1億ドル”の短期国債入札に対する応札がゼロだった)

英政府が内閣改造を行い、ダーリング財務相が留任した事で、政治的リスクが、ひとまず落ち着いた

今週の終値
ドル円 98.64
ユーロドル 1.397
ユーロ円 137.8
ポンドドル 1.5976
ポンド円 157.6
オージードル 0.793
オージー円 78.23
ニュージードル 0.6261
ニュージー円 61.76
ドルスイス 1.0861
スイス円 90.81
ドルカナダ 1.1191
カナダ円 88.13
NYダウ 8763.13
ナスダック 1849.42
日経225 9768.01
962.6
原油 68.44

 

 

ぽちっとお願いします→人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

来週に備える!!今週の流れを整理

ドル円の売りポジションは、ストップをトレールしてと昨日の記事に書いたが、週末持ち越したくなかったので決済した。月曜日の動きを見極めてから、再エントリーを考える

週末ゆっくり休む前に、今週の流れを整理

11日(月)

欧州時間から急激に円買いが進んだ

米GMのCEOによる「破産法適用の可能性が一段と高まっている」とのコメントなどで株価が下落し、リクく回避志向から一段とドル買い、円買いに

ドル円は97.20台まで下落

ドル円 97.51
ユーロドル   1.3588    
ユーロ円 132.5
NYダウ 8418.77

12日(火)

東京時間に発表になった英RICS住宅価格や、鉱工業生産の好結果にポンドは堅調に推移した

軟調だったドル円、クロス円が欧州時間に上昇するも反落し、ドル円は96割れを窺うまで下落した。ユーロ円も130円台まで下落

その後株価が持ち直し、ドル円は96円半ばまで値を戻して引けた

米貿易収支は-276億ドルと予想(-290億ドル)よりは良い結果だったものの、前回(-260億ドル)より悪化した

ドル円 96.54
ユーロドル   1.3644    
ユーロ円 131.71
NYダウ 8469.11

13日(水

スペンサーRBNZ副総裁が「金融政策には引き続き変更させる余地ある」コメントした事でNZドルは軟調に推移した

東京時間、英FT紙の「米国のAAA格付け失うリスク」報道にドルは売られた、その後ドル円、クロス円は底堅く推移し、ドル円は96.68まで上昇したが、欧州時間から再び下落し95.15まで売られた

英四半期インフレ報告でポンドも売られた

米小売売上高の悪結果にリスク回避の動きにより、円買い、株価は大幅に下落した

ドル円 95.2
ユーロドル   1.36    
ユーロ円 129.48
NYダウ 8284.89

14日(木)

東京時間ドル円、クロス円は下落、ドル円は95.15まで売られたが、その後95.76まで持ち直した

欧州時間再び95.11まで下落したが、95円でサポートされた

米新規失業保険申請件数は、予想を上回る悪化。クライスラーの破綻申請が影響したようだ

米自動車大手GMのCEOが「破産法適用の可能性はより高まっている」と発言

パラモ、シュタルクECB理事の発言でや、ジョーダンSNB理事の「SNBはスイスフランに対する政策を実行している」発言でユーロは上昇した

ドル円 95.82
ユーロドル   1.3638    
ユーロ円 130.68
NYダウ 8331.32

15日(金)

朝方NZ小売売上高が発表になり、予想を下回る弱い結果にNZドルは軟調

東京時間ドル円、クロス円が下落するも、持ち直し小動き

独、ユーロ圏のGDPが過去最悪を更新した事で、ユーロは売られたが、介入の噂があった対スイスフランでは上昇

NY連銀製造業景況指数-4.55(予想-12.00)、ミシガン大学消費者信頼感指数67.9(予想67.0)の好結果で、景気の底打ち期待が拡大した

ドル円は一時94.70台まで下落したが、95円台で引けた

今週の終値
今週 先週 前週比
ドル円 95.16 98.41 -3.25
ユーロドル 1.349 1.364 -0.015
ユーロ円 128.38 134.23 -5.85
ポンドドル 1.5172 1.524 -0.0068
ポンド円 144.39 149.97 -5.58
オージードル 0.7496 0.7688 -0.0192
オージー円 71.33 75.65 -4.32
ニュージードル 0.5859 0.6036 -0.0177
ニュージー円 55.76 59.38 -3.62
ドルスイス 1.1223 1.1059 0.0164
スイス円 84.8 88.98 -4.18
ドルカナダ 1.18 1.1496 0.0304
カナダ円 80.64 85.6 -4.96
0
NYダウ 8268.64 8574.65 -306.01
ナスダック 1680.14 1739 -58.86
931.3 914.9 16.4
原油 56.34 58.63 -2.29

こうして見ると、今週は株価が下落して、リスク回避から円、ドルが買われた

株価の影響される展開が目立った

まだ悪い材料が出てくると思うが、楽観的な雰囲気や底打期待が拡大してきた

週末ゆっくり休んで、来週に備えましょう

来週の準備は、明日アップ予定です

ぽちっとお願いします→人気ブログランキングへにほんブログ村 為替ブログへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

来週に備える!!今週の流れを整理

今週の流れ

4日(月)日本、英国市場が休場で薄いマーケットの中、アジア時間に円が売られた

欧州時間ユーロ圏の経済成長見通しが大幅に下方修正された事で、ユーロが売られたが、NY時間に戻した

米中古住宅販売保留、建設支出の好結果にドル円は上昇

株価が大幅に上昇した事でリスク選好度の高まりから、ドル売り、円売り(ドル円ではドル売り)ユーロは上昇した

     
ドル円 98.79
ユーロドル   1.3412    
ユーロ円 132.5
NYダウ 8426.74

5日(火) RBAは政策金利を3%に据え置く事を決定した

「ストレステストを受けている金融機関19行のうち10行が資本増を要求される」報道にリスク回避の動き

米ISM非製造業景況指数の好結果に、景気底打ち感も囁かれています

バーナンキFRB議長の「経済活動は年内に上向き、回復は緩やかになると予想」「住宅市場、底打ちしてる兆候」などの発言を好感

NYダウが小幅に下落し、ユーロドルも下落、つれてユーロ円も下落した

ドル円 98.91
ユーロドル   1.3339    
ユーロ円 132.78
NYダウ 8410.65

6日(水)東京市場は休場

アジア時間に「ストレステストによりバンク・オブ・アメリカに340億ドルの資本増を求められるのでは?」との報道に円が買われた

ジョーダンSNB理事、ロート総裁の発言で介入警戒感が意識され軟調に推移した

ユーロは政策決定会合の不透明感から軟調に推移した

米ADP雇用統計の好結果にドル円、クロス円は上昇

最近の景気改善傾向で、楽観的なムードが広がる中、ストレステストの報道を好感して株価は上昇し、リスク志向の高まりから全面的にドルは売られた

ドル円 98.23
ユーロドル   1.3335    
ユーロ円 131
NYダウ 8512.28

7日(木) 豪雇用統計の好結果に豪ドルが上昇

NZ失業率が弱い数字ながら、市場予想よりも良かった事でNZドルも上昇

BOEは0.5%に据え置きを決定し、「資産買入れを500億ポンド拡大」「金融緩和、ポンド安などが回復の押し上げ要因に」とポンド安容認と捉え、ポンドは売られた

ECBは0.5%の利下げを決定し、トリシェ総裁は「ユーロ建てカバーボンドの買い入れ」などの非伝統的措置を発表したが、600億ユーロと米、英に比べ少ない事でユーロは堅調

米金融機関に対するストレステストの結果は「19行中10行に合計746億ドルの資産増強が必要」となったが、事前の報道通りとなった事で反応は薄かった

ドル円 99.08
ユーロドル   1.3387    
ユーロ円 132.68
NYダウ 8409.85

8日(金)RBA四半期金融政策報告で「2009年第2四半期のGDP予測は前年比-1.25%」「失業率は大幅に上昇する見込み」とした事で豪ドルは下落

FSA(英金融サービス機構)が英住宅金融組合に対し、第2段となるストレステストに着手した」との報道にポンドは下落

東京時間午後から欧州時間はドル円、クロス円が堅調に推移

加雇用統計の好結果に加ドルは上昇

米雇用統計では非農業部門雇用者数変化が-53.9万人(予想-60万人)と好結果だったが、3月、2月とも下方修正された事でドルは下落

米雇用統計、ストレステストを無難にこなした事で、非難通貨として買われていたドルが売られた、また株価が堅調に推移した事でリスク選好度の改善や、週末の調整もありドルは大きく値を下げた

今週の終値
今週 先週 前週比
ドル円 98.41 99.2 -0.79
ユーロドル 1.364 1.3268 0.0372
ユーロ円 134.23 131.61 2.62
ポンドドル 1.524 1.4905 0.0335
ポンド円 149.97 147.86 2.11
オージードル 0.7688 0.7309 0.0379
オージー円 75.65 72.48 3.17
ニュージードル 0.6036 0.5708 0.0328
ニュージー円 59.38 56.62 2.76
ドルスイス 1.1059 1.1358 -0.0299
スイス円 88.98 87.33 1.65
ドルカナダ 1.1496 1.1862 -0.0366
カナダ円 85.6 83.62 1.98
NYダウ 8574.65 8212.41 362.24
ナスダック 1739 1719.2 19.8
914.9 888.2 26.7
原油 58.63 53.2 5.43

今週前半はGWで、上下に捉えどころのない相場でしたが、週末にかけビックイベントもあり、大きく動きました。来週もこの動きが継続するのか?

株価、商品価格とも上昇し、ドル、円が売られた

豪ドル、NZドルの上昇が目だった

週末はゆっくり休んで、また来週頑張りましょう

来週の重要指標、要人発言などは明日記事にする予定です

ぽちっとお願いします→人気ブログランキングへにほんブログ村 為替ブログへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

来週に備える!!今週の流れを整理

今週の流れを整理

27日(月)

豚インフルエンザへの懸念から、リスク回避志向の高まり→円買い、ドル買いの動きでドル円、クロス円、ユーロドルも下落

ノボトニー・オーストリア中銀総裁の「量的緩和を実施する用意がある」発言もユーロの重石になった

対欧州通貨でのドル買いに、米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)の追加再建計画を好感した株価の上昇もドル買いを誘いユーロドルは1.3002まで下落した

豚インフルエンザの発端となったメキシコで大地震が発生した事を受け、株価が下落した事もユーロ売りに拍車をかけた

ドル円 96.73
ユーロドル   1.3035    
ユーロ円 126.09
NYダウ 8025

28日(火)

欧州やオセアニア地域でも豚インフルエンザ感染の拡大が警戒され、ユーロ、オセアニア通貨は下落した

米消費者信頼感指数、リッチモンド連銀製造業指数とも好結果だった事を受け、ドルが買われ、マイナス圏で推移していた株価もプラス圏へ反発した

ビーニスマギECB理事が「ゼロに極めて近い金利は金融市場の機能を阻害する可能性」とした事でユーロが買われた

東京時間に円買いに動いたが、欧州、NY時間は反転して円売り

ドル円 96.42
ユーロドル   1.3149    
ユーロ円 126.75
NYダウ 8016.95

29日(水)

昭和の日で日本が休場の中、NZ貿易収支の好結果にNZドルが上昇し、つれて豪ドル、クロス円も上昇

欧州、米国の株価が堅調なのを受けドル円、クロス円も堅調、ユーロも買われた

FOMCでは全会一致で据え置きを決定し、これまでの資産買取プログラムを変更せずに、維持

声明では「景気見通しは3月に比べ緩やかに改善した」「成長回復の時期示さず、短期的な経済見通しは弱い」と見通しが改善した事でドル、株価とも上昇し、ドル円は一時98円台に乗せた

ドル円 97.69
ユーロドル   1.3271    
ユーロ円 129.62
NYダウ 8185.73

30日(木)

RBNZは金利を3%から2.5%にする事を決定し、ボラードNZ中銀総裁は「金利はなお低下の可能性」「政策金利は2010年後半まで現状の水準、もしくは現状水準以下で維持」とした事でNZドルが急落した

BOJは0.1%に金利据え置きを決定し、展望レポートで2009年の成長率は-3.1%とした事で円も軟調に推移した

欧州圏消費者物価指数、失業率ともに予想を下回る結果にユーロも軟調

SARBは政策金利を9.5%から8.5%に引き下げる事を決定

シカゴ購買部協会景気指数は40.1と予想よりも強い結果に株価上昇

クライスラーの破綻申請で、悪材料が減りドルが買われた

ドル円 98.65
ユーロドル   1.3233    
ユーロ円 130.53
NYダウ 8168.12

1日(金)

レーバーデーで中国、香港、シンガポール、フランクフルト、チューリッヒ、パリ、南ア市場休場

日本の消費者物価指数がマイナスとなった事や、失業率の悪化で円は軟調

英国製造業PMIの好結果にポンドは堅調に推移した

注目してた米国ISM製造業景況指数は40.1と予想を上回り、先日のFOMCの声明にもあったように、景気見通しは以前に比べ改善してるようだ

今週の終値
今週 先週 前週比
ドル円 99.2 97.19 2.01
ユーロドル 1.3268 1.3243 0.0025
ユーロ円 131.61 128.71 2.9
ポンドドル 1.4905 1.4664 0.0241
ポンド円 147.86 142.53 5.33
オージードル 0.7309 0.7228 0.0081
オージー円 72.48 70.25 2.23
ニュージードル 0.5708 0.5724 -0.0016
ニュージー円 56.62 55.64 0.98
ドルスイス 1.1358 1.1397 -0.0039
スイス円 87.33 85.29 2.04
ドルカナダ 1.1862 1.2114 -0.0252
カナダ円 83.62 80.22 3.4
NYダウ 8212.41 8076.29 136.12
ナスダック 1719.2 1694.29 24.91
888.2 914.1 -25.9
原油 53.2 51.55 1.65

こうみると、今週は円が弱かったのがわかります

今週もお疲れ様でした

夜中の2時ぐらいに高速道路の渋滞情報を見てびっくりしました。本日から本格的にGW入りするので、出かける方が多いんですね~

気をつけて、楽しんできてください

ぽちっとお願いします→人気ブログランキングへにほんブログ村 為替ブログへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

来週に備える!!今週の流れを整理

今週の流れを整理して、来週に備える

20日(月)

ユーロドルは1.3を割り込んで下落した

欧州、米国の株式市場が軟調だったを受け、リスク回避の動きからドル買い、円買い

英国デイヴィス貿易相が「ポンド安は、非常に大きなチャンスを輸出企業に与えている」との発言もありポンドが売られた

ECB関係者の政策金利についての発言があった

ドル円 97.93
ユーロドル   1.2922    
ユーロ円 126.55
NYダウ 7841.73

21日(火)

東京時間コーンFRB副議長が「住宅市場の落ち込みは、底に近い」と発言した事で、ユーロドルが売られ1.28台まで下落

RBA議事録がありましたが、今後の金利動向を窺わせるような内容はありませんでした。

その後のスティーブンRBA総裁の「全てのデータが豪経済がリセッションにある事を示唆している」発言で豪ドルは軟調に推移した

スウェーデン中銀は政策金利を0.5%引き下げ、0.5%とする事を決定

カナダ中銀は政策金利を0.25%引き下げ0.25%にする事を決定(据え置き予想)

ガイドナー米財務長官の「米銀行の大半は必要以上の資本を備えている」発言で株価上昇しリスク回避志向の後退から、クロス円が上昇。ここまで大きく売られていたオセアニア通貨、ポンドなどが大きく上昇

ドル円 98.71
ユーロドル   1.295    
ユーロ円 127.82
NYダウ 7969.56

22日(水)

日本貿易収支が好結果だった事で円が買われた

豪)消費者物価指数は、前期、前年比とも弱い結果だった、さらにスワン豪財務相が「さらなるインフレ圧力の緩和を予想」と発言したことも豪ドルの重石になった

英)失業率が4.5%となり予想の4.6%よりも良い結果だったが、ダーリング英財務相の「優位性のある為替レートが輸出業者を支援する」「2009英GDPは-3.5%の見通し」と発言した事でポンド売り

モルガン・スタンレーの赤字決算を嫌気してマイナスで始まった株価だが、プラス圏にもどすも、引けにかけ下げ幅を拡大した

この日も米国株価につれる動きでした

ユーロドルが1.3を回復して引けた

ドル円 97.95
ユーロドル   1.3004    
ユーロ円 127.36
NYダウ 7886.57

23日(木)

豪スワン財務相は「失業率は2ケタ台に達しないとは言い切れない」発言

クレディー・スイスの決算発表が予想を上回るが、貿易収支の黒字幅縮小や、ロートSNB総裁の「スイス経済はまだ底を打ってないようだ」コメントでスイスフランは軟調に推移

ユーロ圏PMIの好結果にユーロドルが1.3159まで上昇

米国中古住宅販売件数の457万件と(予想465万件)弱い結果にドルが売られた

新規失業保険申請件数は64万件と予想通り(12週連続60万台、3週連続減少)

BOCは現時点で、量的緩和は必要ないとした事でカナダドルは堅調

ドル円 97.98
ユーロドル   1.3145    
ユーロ円 128.8
NYダウ 7957.06

24日(金)

日経平均株価が軟調に推移したのを受けドル円、クロス円も軟調、ドル円は97円を割り込んで一時96.64まで下落しました

独)IFOの好結果にユーロが買われ、ユーロドルは一時1.33台をつけた

東京時間朝からポンドは軟調に推移した。英国の格下げが検討されてるとの噂(ムーディーズは否定)や、GDPの弱い結果が重石となった

米)新築住宅販売権数が予想を上回る(35.6万件予想33.7万件)結果にドル買いに動いたが、すぐに戻された

前日の引け後に発表になった、アメリカン・エキスプレス、マイクロソフトなど企業決算を好感して株価が上昇してスタート。終日堅調だった事を受け、リスク回避志向の後退からドルが売られた

今週の終値
今週 先週 前週比
ドル円 97.19 99.21 -2.02
ユーロドル 1.3243 1.3042 0.0201
ユーロ円 128.71 129.39 -0.68
ポンドドル 1.4664 1.4803 -0.0139
ポンド円 142.53 146.86 -4.33
オージードル 0.7228 0.772 -0.0492
オージー円 70.25 71.64 -1.39
ニュージードル 0.5724 0.5665 0.0059
ニュージー円 55.64 56.2 -0.56
ドルスイス 1.1397 1.1651 -0.0254
スイス円 85.29 85.16 0.13
ドルカナダ 1.2114 1.2134 -0.002
カナダ円 80.22 81.77 -1.55
NYダウ 8076.29 8131.33 -55.04
ナスダック 1694.29 1673.07 21.22
914.1 867.9 46.2
原油 51.55 50.33

1.22

今週は、ドル、ポンド、豪ドルが売られ、円、ユーロが買われた

週末ですので、相場の事は忘れゆっくり休みましょう

今日は午後からホームパーティーですので、そろそろ準備を始めないと間に合わなくなりそうです

来週の指標、要人発言予定や注目点などは明日アップします

ぽちっと応援お願いします

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ

外為ランキング

| コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

来週に備える!!今週の流れと終値

今週の流れを整理して来週に備える

13日(月)

イースターマンデーで市場参加者が少ない中、「米財務省がGMに対し、6月1日までに破産法の準備をするように命じた」や「中国の米国債の購入を緩やかにする」との報道で、ドル売り、株価下落したが引けにかけ株価は上昇した

ユーロが買われた

前倒しして発表されたゴールドマンサックスの決算発表は、事前のアナリストの予想よりも良く1株利益は3.39ドルの見込みと発表された

     
ドル円 100.1
ユーロドル   1.3374    
ユーロ円 133.83
         
NYダウ

8057.81

14日(火)

イースター休暇明けドル売り、ユーロ売り、円買いに動いた

NYダウも続落しました

注目していた米国小売売上高だが-1.1%となり予想よりも大幅に悪かった(3ヶ月ぶりに反落)

生産者物価指数【前月比】-1.2%と3ヶ月ぶりにマイナスに転じた事などでドル、NYダウとも売られた

オルファニデス・キプロス中銀総裁の「デフレリスクの高まりによりECBは5月以降も行動する可能性ある」や、コンスタンシオ・ポルトガル中銀総裁による「ユーロ圏のリセッションは米国のそれより深刻のようだ」発言などでユーロが売られた

ドル円 98.99
ユーロドル   1.3259    
ユーロ円 131.24
         
NYダウ 7920.18

15日(水)

オルドネス・スペイン中銀総裁の「利下げ余地ある」、「ECBは非伝統的方策使用すべき」発言があった。(今週もECB関係者の発言などでユーロは売られやすいみたいです)

NY時間は多数指標の発表があったが好悪あり上下に振られた

NY連銀製造業景気指数、対米証券投資の好結果にドルが買われたが、その後発表された鉱工業生産の結果で売られた

ベージュブックは「5つの地区連銀が経済の縮小ペースが鈍化したと報告」前回は「12地区のうち10地区が一段の景気悪化を報告」幾分良い結果だったが反応は限定的だった

ドル円 99.37
ユーロドル   131.44    
ユーロ円   1.3227

NYダウ      8029.62

16日(木)

東京時間日経平均が寄り付から堅調だった事を受け、ドル円、クロス円も堅調に推移した。中国GDPの予想を下回る結果に円が買われ、ドル円、クロス円は軒並み軟調に推移した

欧州時間JPモルガンチェースの予想を上回る決算発表を受けドル円は99円台に戻した、一方ユーロは鉱工業生産の弱い結果やゴンザレス・パラモECB専務理事が「来月ECBは新たな政策を発表する」と発言した事で値を下げた

NY時間米国住宅関連指標は弱い結果となったが、新規失業保険申請件数、フィラデルフィア連銀指数は予想よりも強い結果となった

ロックハート・アトランタ連銀総裁は「2009年下半期には景気回復開始すると見ている」と発言した

米株価は要人発言や金融機関の好決算を背景に続騰しました

ドル円 99.28
ユーロドル   1.3184    
ユーロ円 130.89

NYダウ 8125.43

17日(金)

「クライスラーの子会社が追加支援要請を撤回した」との報道でドルが買われた

トリシェECB総裁の金融緩和を示唆する発言や、ムーディーズによるアイルランドを格下げ方向で見直すとの報道にユーロが売られた、またユーロ債償還に絡んだ売りが出たとの声もあった

シティグループは予想よりも損失が少なく、GEの第一四半期決算も予想を上回わり、ミシガン大学消費者信頼感指数も好結果だったが反応は薄かった

ここ最近の米国の経済指標は好転したり、下げ止まる傾向にあるが、一方のユーロ圏は16日に発表になった鉱工業生産が過去最低を更新するなど、回復の遅れが意識されユーロは値をさげた

今週の終値
今週 先週 前週比
ドル円 99.21 100.31 -1.1
ユーロドル 1.3042 1.3183 -0.0141
ユーロ円 129.39 132.23 -2.84
ポンドドル 1.4803 1.4677 0.0126
ポンド円 146.86 147.2 -0.34
オージードル 0.722 0.7204 0.0016
オージー円 71.64 72.27 -0.63
ニュージードル 0.5665 0.5831 -0.0166
ニュージー円 56.2 58.49 -2.29
ドルスイス 1.1651 1.1551 0.01
スイス円 85.16 86.8 -1.64
ドルカナダ 1.2134 1.2262 -0.0128
カナダ円 81.77 81.81 -0.04
NYダウ 8131.33 8083.38 47.95
ナスダック 1673.07 1652.54 20.53
867.9 883.3 -15.4
原油 50.33 52.24

-1.91

今週もECB関係者の政策金利に関する発言でユーロが売られました

スイスフラン、NZも売られました

来週の予定などは明日アップする予定です

週末、ゆっくりやすみましょう

貧乏ぱぱは、今から米国の軍人さんと結婚した、友人に会いに横田基地に行ってきます。久しぶりに基地内に入るので楽しみ

なにか面白い話題でもあれば、明日の記事で報告しますね

ぽちっと応援お願いします

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ

安定したプラットホームに定評があります。指標発表時などに使えます

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

今週の流れと終値

今週の流れを整理して、来週に備える

6日(月)

ドル円が101円台に突入

ユーロ圏の経済指標の結果が弱かった事や、ビーニスマギECB理事の「為替相場はオーバーシュート、アンダーシュートしがちで、介入は正当化される可能性」発言でユーロが売られた

ドル円 101.02
ユーロドル   1.3416    
ユーロ円

135.53

NYダウ            7975.85

7日(火)

BOJは予想通り政策金利を0.1%に据え置く事を決定

RBAは0.25%金利を引下げ3.00&にする事を決定

ユーロ圏GDP-4Q【確報値】が下方修正された事や、プロボポラス・ギリシャ中銀総裁の「ECBの政策金利は1%は下限ではない」発言などもありユーロは売られユーロ円は132.24ユーロドルは1.3230まで値を下げた

ドル円も一時100円を割れ99.88まで売られるも、すぐに100円台を回復した

ドル円 100.45
ユーロドル   1.3265    
ユーロ円 133.24
         
NYダウ

7789.56

8日(水)

英国FT紙による「アイルランドが財政削減と増税を実施」報道や、フィッシャー・ダラス連銀総裁による「ユーロは米ドルよりもさらに問題に直面」コメントなどでユーロが軟調に推移した

格付け機関フィッチがアイルランドのソブリン格付けを一段格下げした事でユーロの重石になった

FOMC議事録で「景気の下振れリスク懸念」株価、ドル、ユーロが売られたが、引けにかけ株価がプラス圏に戻した事で、値を戻した

ドル円 99.79
ユーロドル   132.46    
ユーロ円 1.3275
         
NYダウ 7837.11

9日(木)

東京時間で注目だった豪雇用統計は失業率が5.7%と悪化した。4月6日のスワン財務相が「リセッションは不可避」発言が確実になった

白川日銀総裁の「(ゼロ金利政策について)特定の選択肢を最初から排除すべきでない」発言で円が売られドル円が100円台に乗せた

BOEは予想通り政策金利を0.5%に据え置き、750億ポンド相当の試算買い取り継続を決定

カナダ失業率は8.0%、前月の7.7%から悪化

雇用ネット変化率は-6.13万人、前月-8.26万人から改善

貿易収支が-260億ドルと予想の-360億ドルより好結果だったことも後押しして株価は3日ぶりに8000ドル台に乗せた

イースター休暇前の調整が入った

ドル円 100.38
ユーロドル   1.3162    
ユーロ円 132.15
         
NYダウ 8083.38

10日(金)

ウェリンク・オランダ中銀総裁による「ECBの政策金利には幾分の利下げ余地がある」コメントに、東京時間にユーロが急落した

オバマ大統領は「(経済回復について)進展が見られ始めた」「(経済は)以前として厳しい圧力の下にある事を警戒」「我々はまだやらなければならない仕事が多くある」とコメントした

欧州、NY時間は閑散とした相場が続いたがNY時間午後にドルが売られた

今週の終値
今週 先週 前週比
ドル円 100.31 100.31 0
ユーロドル 1.3183 1.3479 -0.0296
ユーロ円 132.23 135.21 -2.98
ポンドドル 1.4677 1.484 -0.0163
ポンド円 147.2 148.83 -1.63
オージードル 0.7204 0.7146 0.0058
オージー円 72.27 71.68 0.59
ニュージードル 0.5831 0.5852 -0.0021
ニュージー円 58.49 58.7 -0.21
ドルスイス 1.1551 1.1312 0.0239
スイス円 86.8 88.68 -1.88
ドルカナダ 1.2262 1.2301 -0.0039
カナダ円 81.81 81.5 0.31
0
NYダウ 8083.38 8017.59 65.79
ナスダック 1652.54 1621.87 30.67
883.3 897.3 -14
原油 52.24 52.51

-0.27

今週はECB関係者の政策金利に関する発言が頻繁にあり、ユーロが売られた

週明け月曜日もイースター休暇ですので、まずは様子見で

火曜日からスタートぐらいのつもりで、ゆっくり眺めていようと思ってます

ぽちっと応援お願いします

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ

| コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

4月4日来週に備える

今週の流れ

3/30(月)米国自動車業界への懸念やスペイン地銀破綻の噂などでドル、ユーロが軟調

ドル円97.25ユーロドル1.320ユーロ円128.39NYダウ7522.02

3/31(火)仲値やロンドンフィックスにかけた買いが入りドル円、クロス円が堅調

ドル円98.98ユーロドル1.3252ユーロ円131.13NYダウ7608.92

4/1(水)日銀短観の弱い結果に円が売られたが、オバマ大統領の「GMは破産法適用が最善」発言でドル円、クロス円急落

ドル円98.52ユーロドル1.3249ユーロ円130.51NYダウ7761.6

4/2(木)ECBは政策金利を0.25%引き下げ1.25%にすると発表

トリシェECB総裁の「1.25%は下限ではない」発言ユーロ買いに反応

ドル円99.53ユーロドル1.3461ユーロ円133.97NYダウ7978.08

4/3(金)東京タイム朝にドル円100円台をつけも一時99.30円台まで下落

NYダウは序盤一時-80ドルまで下落したがプラス圏に持ち直す動きから、リスク許容度が高まり円売り、ドル売りに傾く

NYダウが8000ドル台を回復して引けた(ダウ、ナスダック、S&Pとそろって4週続伸)

ドル円100.31ユーロドル1.3479ユーロ円135.21NYダウ8017.59

今週の終値
ドル円 100.31
ユーロドル 1.3479
ユーロ円 135.21
ポンドドル 1.484
ポンド円 148.83
オージードル 0.7146
オージー円 71.68
ニュージードル 0.5852
ニュージー円 58.7
ドルスイス 1.1312
スイス円 88.68
ドルカナダ 1.2301
カナダ円 81.5
NYダウ 8017.59
ナスダック 1621.87
897.3
原油 52.51

ポッチっと人気ブログランキングへ応援お願いします

| コメント (0) | トラックバック (0)